2018年10月14日(日)

想い 活動の報告 研鑽の時間

営業パーソン向けセミナーやってきました!

BLBぶんちゃん、今回は僕も代理店として取り扱うマニュライフ生命さん直販ラインの営業パーソン向けにセミナー講師として登壇させていただきました!

当日はあいにくのお天気、午前に向かったお気に入りのテラスは何か物憂げな風情でこれはこれでいいですね^^

DINKsのご夫婦への「賢い資産形成とリスク回避」のご提案にご賛同いただきお申込み手続き。

10年後に目標達成したらシャンパンで乾杯しましょうとお約束しました♪

やば、話が盛り上がりすぎて時間が・・・

そのまま女子率95%の店内の4人席で独り大好きなチキンをダッシュで頬張り新宿へGO!

皆さん真剣なまなざしで緊張する~!

とはいえ実は昨年も講演をさせていただき、その際のアンケート結果に基づいてスクリプトを用意したのできっと喜んでもらえるはず!?

昨年はJAIFA企画でしたが、今年はプレジデントカップクラブ(いわゆる社長杯的な)を目指そう!という皆様の集まりでしたので、前回お伝えしきれなかった僕の具体的なご提案スキームをリアルに再現することを主眼にお話しました。

以下備忘録的に箇条書きに振り返りますので、詳しくお聴きになりたい方はお気軽にご連絡くださいませ~♪

★最初に昨年の「マインド」や「マーケティング」についてのコメントも多かったのでまずは振り返り

・6つのマーケット(友人知人/本業支援/交流会/紹介/得意分野/ゲリラ的白地開拓)を偏差値化

・4つの資源(お金/人脈/スキル/時間)を上記6つのマーケットに掛け合わせていく

・その実践例として冒頭の写真の江上治先生著「30日間無敵の営業マンノート」を参加者全員にプレゼント!

→「知人」の「本業支援」を「お金」と「人脈」を駆使してご提供させていただいた実例

→これで参加者の皆さんがより適切なご提案をお客様にご提供できればお客様も我々の業界も良くなるはず~!

・自分の身の丈、お客様ごとのポジショニングをしっかり保つべし(背伸び禁物/好きと得意は必ずしも一致しない)

・当たり前のことをすべからくやり続けることが信頼を生む唯一の手段

・Give&Takeではなく、Give Give Give Give Give・・・・&Given!!

・人生計画書の提示がお客様への覚悟と使命の宣言になる(目的地なき航海~難破をしないよう)

・1000円ゲームの実践(全てのビジネスは問題解決である)

・袖触れ合う多生の縁をも活かすために影響力の武器を活用(共通項・返報性などなど)

・失敗談(上記を実践できていなかった自身の恥ずべき実例を二つご披露)

★メインは外貨建終身保険を子育て世代に高ロットでご採用いただく僕の生の実践パターンをご披露

・外貨建のご提案が難しい理由は?←お客様のハードルを下げられないから(そのためには根拠と自身の自信が必要)

・大前提として、必要保障額の算出はもとよりキャッシュフローシミュレーションも大切!

・3つの基本形をよりわかりやすくお伝えするためには、いまだに駐車場の話がベスト(他にあれば教えて下さい笑)

・保障と貯蓄をワンコストで行えるのは終身タイプであることをご理解いただくことが肝要

・同一保障額、払込期間での定期タイプと終身タイプの具体例をご提示(子育ての終了する60~65歳払)

・終身型の効果をご理解いただけた段階で外貨建だとさらにコストダウンできるので~とテストクローズ

・この段階で即決されないネックをお聴きし、今からそのハードルを下げさせていただくことの承諾を得る

・ハードルが下がるであろう「あくまで客観的かつ募文承認済みの」ツールをフル活用してご案内

・ここでようやく外貨建だったら~という同一保障額、払込期間での具体例をご提示

・しかし60(65)歳でのゴールでは老後資金としてしか使えない(その前に到来する最も大切な資金需要は??)

・可能な限りの短期払や一時払をご提案~これだけのパフォーマンス差、いかがでしょう?とテストクローズⅡ

・払込時や将来の為替レートや手数料についての質問が出ればOK(出なければこちらが投げかけて差し上げるべき)

・目標を達成するための解決手段を一緒に検討(収入増?支出抑制?途中で困難になった際は?)

・○○年後、共にゴールを迎えてシャンパンで乾杯しましょう!とBIGLIFEのBUDDYになることを宣言して握手^^

ということで、昨年に続き若干のPCトラブル(呪われてる!?笑)がありつつもぴったり60分で終了!

(ホントは学生時代の優勝ビールかけ後のパンイチ軍団写真見せたかったけど~笑)

その後の懇親会でも沢山のご縁をいただきましたが、ともかく皆さん明るく前向きで仲間意識が強く、とても楽しい一日になりました。

あまりに楽しそうなのでしつこくもう一度この写真!!^^

日々の雑踏の中で自身と向き合うことってなかなかできないので、むしろ僕が一番有意義な一日を過ごさせていただきました。

お声がけいただいた主催者の皆様、ご参加いただいて盛り上げてくださった皆様、本当にありがとうございました!!